アンケートに応えて下さった方々の声


2018/10

お忙しい中お時間を割いていただき感謝申し上げます。

2018年の春から夏頃にかけて、弊社社長のごく親しい方々に、

実際に製作したパターを使用して頂きました。

社長には匿名で、アンケートにご回答頂き、率直な使用後の感想を送ってくださいました。

 

回答ポイント(5段階で回答)

① 構えた時のなじみ具合はいかがでしたか?

② ボールの転がり具合

③ グリップの形状はいかがですか?

④ パターの数に変化がありましたか?

⑤ シャフトの長さはいかがでしたか?

 

60代のA様

② フォース面が直角なので伸びが少ない?

④ 何回か使ってみたい

 

 

コメント詳細

「パターシャフト、スチールとか硬めの方が安定しやすい?」

 

40代のB様

① ヘッドが大きくしっくりくる

コメント詳細

「今使っているパターが、ロフト角3℃ですので、ラウンドを繰り返さないと違いがわからないというのが実感です。

ただ、このパターを使うと、今までのパターをもう使えなくなるのでは?という感覚が生じたのも事実です。

正直なところもっと使ってみたいと思う気持ちが強く、分けて頂ければ有難いと思います。」

 

50代のC様

① 既成のアクル(つるや)のシャフト

② 音もよい

③ 既成のアクセル(つるや)のシャフト

④ 慣れによると思います。

⑤ 既成のシャフト

コメント詳細

2度コースで利用させて頂きました。製品化にあたっては、ヘッドの周りを丸くしないと少々危険な感じがしました。(ケガや他の人のクラブを傷つける等)独特の金属音ところがりの良さが長所で、シャフトとの組み合わせ、バランスが重要となってくると思います。

30代のD様

 

 

 

 

 

 

60代のE様

① ヘッドとシャフトの角度に検討を要する。

③ 本人の好みにあわせることがよいと思う。

⑤ 本人の好みに合わせる。

コメント詳細

デザイン性をもう少し考え。見た目にて欲しいと思うデザインにする。

男性は男性らしいデザイン、女性は女性らしいデザインを考える。

 

 

60代のF様

③ これで良好

④ 午前中1、2で行けた。午後崩れた。

⑤ 体に合っている。

コメント詳細

午前中は 1パット、2パット、計13 午後からは2パットと3パット 計20で行けた。 午前中はなかなか調子よかった。

 

 

30代のG様

② パターのどの面に当たっても真っすぐ転がる感覚が持てた。

④ スリーパットが少なくなった。

コメント詳細

グリップやシャフトの長さ、デザイン、色目は個人差があるので、オーダーメイドでカスタムできればよいと思います。パターのフィーリングは安定感があり、どの面にあたっても真っすぐ転がるので非常に打ちやすく、パット数が減りました。

 

 

皆様の貴重な、また厳しいご指摘ご意見を参考に、

今以上のパターが実現できればよいなと思います。

次回更新時は、動画をご紹介します。ご期待下さい!


2018/7

オリジナル(オーダーメイド)パター完成!

 

社長製作 パター 原型 完成!

ここからアレンジされることになります。

 

ゴルフ パター素材は現段階では写真のようにアルミを使用。

この独特な形状ならではのバランスが

パター数を抑える秘密です。

この秘密だけは、基本形として譲れない部分です。

加工屋の技術で考え出されたパターです。

あとは、使う人に合わせたオーダーメイドとなります。

オーダーして頂く改造項目は、只今絞り込み中・・・・

次回は、使ってみた感想を、数名の近しい方々に回答頂きましたのでご紹介します。


 

2018/4

パターを自分で作ることになった理由・・・

 

弊社社長より。

弊社で積み上げたモノづくりのノウハウを、

私の趣味の一つであるゴルフにも活かせないだろうか・・・?!

と、思い始めると、突き詰める感覚が止まらなくなり、

自分のクセや特性を把握・分析する事で、

”その人だけのオリジナル製品”作成に取り掛かり、

日々研究にまい進しております。

ゴルフ道具は、それぞれの目的で使い分けますが、

とりわけスコアに影響するといわれるパター。

一番創意工夫と柔軟な発想を活かせる道具だと選択し、

パターのオリジナル製品に着手。

ただいま、試作品ができあがり、モニター調査を実施中です。

今後は、商品化に向け切磋琢磨してまいります。

皆様にご披露できる日を楽しみにしております。